元利均等方式

「元利均等方式」とは、毎月の返済額を一定額に設定し、借入れ元金部分に対する支払額と、その利息分のみを変化させる返済方式のことをいいます。

簡単に説明すると元利均等払いは、毎月の返済額が一定額の支払い方法なのです。
住宅ローンなどの高額ローンに用いられる事が多いものです。

完済時まで一定の金額ですので最も計画的な返済方法と言えるのではないでしょうか。
基本的に返済期間が長期になる場合、当初は利息部分の負担が多く、元金の減り方は緩やかになるのが特徴です。


計算方法は、以下のようになります。
@支払月額=借入金×(年利÷12/÷100)÷{1−(1+年利÷12÷100)^(−返済回数)}

A支払利息月額=残高×年利÷12÷100

B元金充当分月額=支払月額-支払利息月額

ただし、この支払方法を利用するのには条件があります。
詳しくは、各消費者金融会社にお問い合わせください。

キャッシング 即日融資
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。