貸し出し自粛依頼

貸出自粛依頼とは、各賃金業協会を通して信用情報機関に

「貸出しを自粛する」

という依頼の申し出をし、登録するというものです。
貸出自粛依頼をすることにより、新規契約や追加融資を「自粛」してもらうことが可能となります。

ただ、貸金業協会に加入している貸金業者は、全貸金業登録業者数の40%程度であるのが現状です。
したがって、貸出禁止依頼をしたからといって全ての貸金業者に、「自粛」させる効力はあまり期待できないかもしれません。

それに、貸出自粛依頼は、あくまでも「自粛」依頼です。
「禁止」という意味合いは含まれていないものなので、判断は会社側に任されていると認識しておきましょう。
スピード キャッシング

残高スライドリボルビング方式

利用金額に応じて定額返済額を返済していく方法です。
例えば、10万円利用しているときは5000円の返済、20万円利用している時は10000円の返済といった方法を決めておき毎月返済する事です。
カードローン比較

貸付限度額について

借り入れの際の包括契約に基づく契約上の設定上限金額。貸金業規正法の規制限度額を言う場合もある(貸金業規正法では窓口による簡易な審査のみによて無担保・無保証の貸しけ上限額は1業者あたり50万円もしくは年収の10%相当と定めている。源泉徴収や利用実績に基づいた入念な審査であればその金額以上も過剰融資に当たらないとの解釈もでき、50万円以上を無担保・無保証で貸す業者もある。)
スピードキャッシング

元利均等方式

「元利均等方式」とは、毎月の返済額を一定額に設定し、借入れ元金部分に対する支払額と、その利息分のみを変化させる返済方式のことをいいます。

簡単に説明すると元利均等払いは、毎月の返済額が一定額の支払い方法なのです。
住宅ローンなどの高額ローンに用いられる事が多いものです。

完済時まで一定の金額ですので最も計画的な返済方法と言えるのではないでしょうか。
基本的に返済期間が長期になる場合、当初は利息部分の負担が多く、元金の減り方は緩やかになるのが特徴です。


計算方法は、以下のようになります。
@支払月額=借入金×(年利÷12/÷100)÷{1−(1+年利÷12÷100)^(−返済回数)}

A支払利息月額=残高×年利÷12÷100

B元金充当分月額=支払月額-支払利息月額

ただし、この支払方法を利用するのには条件があります。
詳しくは、各消費者金融会社にお問い合わせください。

キャッシング 即日融資

金利の低い商品

お金を借りる時に、一番気を付けたいのが金利。
気軽に借りたつもりの小さなお金でも、実際に払うお金はふくれ上がることがあります。 あとで取り返しのつかないことにならないよう、計画的に自分の立場に合わせて選びましょう。
例えば、流通会社が顧客の固定化を図るために、優待割引などさまざまな特典などをつけて発行しているクレジットカード。 このカードでも融資限度額内であればキャッシングができ、キャッシングの一つとして広く認知されています。
よく買い物をする百貨店やスーパーがある場合には、その特典が何よりの魅力。 審査、カード発行も迅速です。金利の高い商品もあるので、長期より短期の借入で利用するとよいかもしれません。
キャッシング審査

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。